〜 日本安全服用協会は、安心安全で快適に薬を服用できる社会の実現を目指しています 〜

■協会設立の趣旨

高齢者や子どもたちに毎年1万件(推定)以上、薬包材の誤飲という事故が起き、さらには死亡事故にまで至っているケースもある。 また、毎年1万(推定)件以上の薬の取り違えヒヤリハット事故が発生し、実際に誤薬事故被害者からの損害賠償訴訟事件も増えつつある。 このような深刻な社会問題があるにも関わらず、現状では有効な対策はとられていないのが実情です。 私たちはこの社会問題を正しく社会に訴え、その対策方法・新技術を広めるため、医薬品・医療すべてに関わる企業・団体・人々が集い、 安心安全で快適に薬を服用できる社会の実現を目指し、当協会を設立いたしました。一人でも多くの方にご賛同いただき、 当協会の活動へのご理解とご協力をよろしくお願い致します。

■活動内容

1.誤飲・誤薬・残薬問題についての注意喚起と社会的認知広報活動(一般市民向けと医療機関向け)

社会問題(誤飲・誤薬・残薬)の認知活動を行うと同時に、当協会の活動に賛同いただける企業・団体・個人を広く会員として募っていきます。

・リリースを活用した戦略的PR活動
・協会で安全服用対策 商品を斡旋する。
・コーズマーケティングによる寄付金で基金を設立(予定)
・高齢者/子どもの健康に関する活動団体を支援する。

2.教育・普及活動

・安全服用アドバイザー資格制度の設立と運用により、安全服用アドバイザーの資格制度の導入に向けてチャレンジして行きます。
・有資格者向けのさらなる応用研修・実技研修など実施いたします。薬剤師、看護職、介護関連、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、在宅に関連する職業の方、ご家族・ご親族を介護中の方など広く対象者を募集いたします。

安全服用アドバイザーへのサービス

 1. 安全服用のための最新情報をメルマガ(会報誌)でお届けいたします。
 2. 同会が実施する研修やイベントに参加できます。
 3. もしもの時の相談ホットラインをご紹介いたします。
 4. 大きな成果を上げたアドバイザーへの表彰制度があります。
 5. 安全服用商品を格安で斡旋いたします。

3.予防対策・予防技術の開発と情報共有

・技術開発委員会による誤飲・誤薬・残薬問題の検証
・予防対策技術の効果検証を行い、協会活動の成果を定性的・定量的に把握する。
・誤飲事故、誤薬事故、残薬問題の現状、実態について協会独自に調査を行う。

■組織体制

総務委員会、教育委員会、広報委員会、技術開発委員会の4つの組織から構成されています。


 ・会 長  高橋 康平(健美製薬代表)
 ・副会長  盛本 修司((株)モリモト医薬代表取締役)
 ・理 事  三浦 秀雄(創包工学研究会会長)
 ・理 事  古瀬 真一郎(オフィスH.O.D代表)
 ・監 事  金 栄愛((株)NP医薬取締役)

— 日本安全服用協会に関するお問い合わせはこちらまで —

電 話 06-6477-4801(受付時間/月〜金 10:00〜17:00 ※祝日休)

お問い合わせEメール info@anzenfukuyo.jp

Scroll Up